散乱・イメージング推進室

Japanese | English

散乱・イメージング推進室

散乱・イメージング推進室の概要

 散乱・イメージング推進室は、SPring-8放射光施設の共用ビームライン(26ビームライン)のうち、小角散乱とX線イメージングを主な手法とするビームラインの維持・管理を担当します。また、専用ビームラインであるフロンティアソフトマター開発専用ビームラインも担当します。
散乱とイメージングから得られる逆空間と実空間情報をベースとした、先端基礎研究から産業応用まで幅広い分野の利用者の研究を支援するとともに、技術や装置の高性能化や汎用化、および利用ニーズ開拓、利用研究成果の良質化・拡大を推進していきます。また、2つのチームが連携し、新たなイメージング分野の創出を目指します。

散乱・イメージング推進室HP

<構成チーム>
本室は、以下の2つの研究チームによって組織されています。関係するビームラインを記載します。
・時分割小角・広角散乱チーム
BL03XU、BL40B2、BL40XU

・顕微・動的画像計測チーム
BL20B2、BL20XU、BL28B2、BL47XU

 

主要メンバー 

室長

木村滋

坂田 修身

PAGE TOP