回折・散乱推進室

Japanese | English

回折・散乱推進室

回折・散乱推進室の概要

回折・散乱推進室は、SPring-8放射光施設の共用ビームライン(26ビームライン)のうち、回折・散乱を主な手法とする7ビームライン、および、2ビームラインの一部の実験ハッチの維持・管理を担当しています。また、各ビームラインでのユーザー利用実験の支援に加え新規な測定手法やデータ解析法の開発研究も行っています。利用研究は、物質科学、地球科学、環境科学、さらに、電子、化学、材料工学や医学・生命科学など広範囲に及んでいますが、本室がそれぞれの研究目的に最適な計測手法を提案し、先端研究応用に提供しています。

本室は、以下の2研究チームによって組織されています。

粉末回折・全散乱チーム

多目的回折散乱チーム

 

 

主要メンバー 

室長

木村滋

木村 滋

所属研究員

筒井 智嗣

PAGE TOP