所内公募型研究開発

所内公募型研究開発

JASRIでは、研究系職員の人材育成と新たな研究分野の開拓を目指し、競争的外部資金の獲得に向けた活動を支援する幾つかの所内公募型研究開発を推進しています。

理事長ファンド

(平成28年度から実施)
SPring-8、及びSACLAにおける利用研究成果の最大化、あるいはそれらの高度化・高性能化に資する優れた研究・開発を実施するため、「GIGNOプロジェクト」と「匠プロジェクト」を発展的に統合し設立

理事長ファンド研究課題採択の実績

SOLUTUSプロジェクト研究課題

(平成25年度から実施)
SPring-8-Ⅱの活用に結びつく未踏領域の利用分野へと導く戦略的活用研究の分野開拓を目的とした“課題解決型研究プロジェクト”
*SOLUTUS(ソラタス)とは、ラテン語で「ソリューション(解決)」を意味する。
SOLUTUS(ソラタス)プロジェクト研究課題採択の実績

【終了】GIGNO プロジェクト研究課題

(平成19年度から平成27年度まで実施)
若手研究者の独自のアイデアを発掘し、SPring-8の利用研究高度化に資する先端利用研究のニーズ・シーズ開拓のための“チャレンジ型研究プロジェクト”
*GIGNO(ギグノ)とは、ラテン語で「源」、「始まり」、「生まれること」を意味する。
GIGNOプロジェクト研究課題採択課題の実績
GIGNOプロジェクト研究課題採択課題の業績

【終了】GIGNO研究領域創成支援プロジェクト

(平成23年度から平成27年度まで実施)
SPring-8/SACLA利活用研究領域の創成を目的としたワークショップ開催を支援助成
GIGNO研究領域創成支援プロジェクト採択課題の実績

【終了】 匠プロジェクト研究課題

(平成24年度から平成27年度まで実施)
若手・中堅研究者の独自のアイデアによる今後のSPring-8の高度化事業に繋がる斬新で効果的な研究を発掘し、SPring-8の運転に資する高度化を目的とした研究プロジェクト