第14回SPring-8データ科学研究会/
第101回SPring-8先端利用技術ワークショップ 

日  時:2024年9月9日(月) 13時20分 ~ 16時50分

開催形式:現地(会場:科学技術館)にて開催
     (〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1)

主  催:
     SPring-8利用推進協議会(推進協)
     (公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
     (一財)高度情報科学技術研究機構 (RIST)

後  援:
兵庫県(兵庫県マテリアルズ・インフォマティクス研究会)、(公財)ひょうご科学技術協会、(公財)計算科学振興財団、
(公社)応用物理学会、(公社)日本化学会、中性子産業利用推進協議会、 日本中性子科学会、日本放射光学会、
SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)
(以上後援団体は全て予定)

趣旨 

放射光利用による顕微計測画像データは高次元データであることから人間が理解しうる特徴量を抽出することは、現在は、非常に困難な問題です。
今回の研究会では、これらの問題を乗り越えるための高度な解析を可能にする機械学習を用いた解析手法や、その実例を紹介します。画像データから物理量を抽出する方法や位相幾何学的な特徴量からデータの‘かたち’や‘うごき’を理解しようとする試みを紹介します。
これらの手法は材料開発や評価において威力を発揮すると考えられるため、本研究会がユーザーの皆様に有用な機会となると期待しています。 

プログラム

 

13:20~13:30 開会挨拶と趣旨説明
  研究会幹事 水牧 仁一朗(熊本大学)
【座長 漆原 良昌(JASRI)】  
13:30~14:00 「パーシステントホモロジーを用いた多次元画像データの解析」
  木村 正雄(高エネルギー加速器研究機構 物質構造研究所)
14:00~14:30 「リチウムイオン二次電池の時空間ダイナミクス解析法」(仮題)
  青西 亨(東京大学新領域創成学科)
14:30~15:00 「放射光関連の画像データを最新の画像処理技術を用いでどこまで解析できるか、放射光データに対する民間の研究開発現場のニーズの動向」
  斉藤 耕太郎((株)ランデフト)
15:00~15:15 休憩(15分)
【座長 水牧 仁一朗(熊本大学)】  
15:15~15:45 「放射光CT画像に基づくアルミニウム鋳造合金のマイクロメカニクス解析」
  桑水流 理(福井大学)
15:45~16:15 「低温電子顕微鏡4次元イメージング法の構築」
  吉留 崇(東北大学)
16:15~16:30 「「富岳」の利用例と利用支援」
  吉澤 香奈子(RIST)
16:30~16:45 「「富岳」/HPCIの利用制度と産業利用の伴走型利用支援」
  浅見 暁(RIST)
16:45~16:50 閉会挨拶
  山口 章(JASRI)
17:00~18:30 技術交流会/利用相談会

申込み方法

申込方法:

 ※職場や学校のセキュリティ設定により、参加登録ボタンから(Googleフォーム)の参加登録ができない場合は、こちらよりご連絡ください。

 

 定員:100名程度

 参加費:無料 *技術交流会:会費制(1000円)

 申込締切:9月2日(月)17:00

問い合わせ先

水牧 仁一朗(熊本大学理学部)(mizumaki@kumamoto-u.ac.jp
  SPring-8利用推進協議会研究会事務局(suishin@spring8.or.jp
 〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
   TEL 0791-58-2785  FAX 0791-58-2786
 SPring-8利用推進協議会 URL http://www.jasri.jp/iuss/