第20回SPring-8産業利用報告会優秀発表賞について


 SPring-8産業利用報告会では主催5団体(産業用専用ビームライン建設利用共同体、兵庫県、(株)豊田中央研究所、SPring-8利用推進協議会、(公財)高輝度光科学研究センター) が中心となり、ビームラインにおける利用成果を報告しています。
そこで報告された口頭発表とポスター発表の中から報告会に参加された方々の投票により選出された優れた報告に対して、優秀発表賞を授与しています。
第20回SPring-8産業利用報告会(2023年度)において選出された報告は以下の6件です。

最優秀発表賞

 

氏名

所属

タイトル

mashita 間下 亮 住友ゴム工業株式会社 X線4次元CT法を用いたタイヤゴム材料の破壊過程の観察
優秀発表賞  
[ 口頭発表の部 ]

 

氏名

所属

タイトル

isegawa 伊勢川 和久 株式会社豊田中央研究所 ディープラーニングによる放射光ラミノグラフィ像の画質向上技術
yoneyama 米山 明男 株式会社日立製作所 集光ビームを用いた3次元マイクロトポグラフィーの開発
[ ポスター発表の部 ]

 

氏名

所属

タイトル

isomura 磯村 典武 株式会社豊田中央研究所 低エネルギーX線検出による自己吸収レス蛍光X線吸収分光法
takayama 高山 裕貴 東北大学 SAXSイメージングモデルを用いたシミュレーションによる
手延べ素麺の食感解析
kishida 岸田 佳大 株式会社豊田中央研究所 走査型3DXRD法による電子基板はんだ接合部の非破壊結晶方位解析

上記6名の方は2024年4月に開催されるSPring-8利用推進協議会総会においてSPring-8利用推進協議会より表彰されます。
また、当日は、最優秀発表賞の間下 亮氏より受賞内容に関する記念講演を行っていただく予定です。 第20回 SPring-8産業利用報告会の詳細については、こちらをご覧下さい。

過去の優秀発表賞については、以下のページをご覧ください。
| 第19回(2022年)第18回(2021年) | 第17回(2020年) | 第16回(2019年) | 第15回(2018年) | 第14回(2017年) | 第13回(2016年) | 第12回(2015年) |

問い合わせ先
SPring-8産業利用報告会事務局
(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 普及情報課
TEL 0791-58-2785  FAX 0791-58-2786   E-mail:iuss@spring8.or.jp