利用研究促進部門

利用研究促進部門

利用研究促進部門の概要

SPring-8放射光施設の共用ビームライン(26ビームライン)のうち、21ビームラインの維持・管理は、公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)の利用研究促進部門によって行われています。また、各ビームラインにおける利用研究を推進し、ユーザー利用実験の支援が行われています。放射光利用の研究分野は、生命科学、物質科学、環境科学、さらに、電子、化学、材料工学や医学・生命科学など広範囲に及んでおり、本部門によりそれぞれの研究目的に最適な計測システムが開発され、先端研究応用に提供されています。
本部門は、以下の8研究グループおよび1プロジェクト研究グループによって組織され、これらの研究分野の推進・支援および研究・測定手法開発を行っています。

  • 構造物性Iグループ
  • 構造物性IIグループ
  • バイオ・ソフトマテリアルグループ
  • 分光物性Iグループ
  • 分光物性IIグループ
  • 応用分光物性グループ
  • ナノテクノロジー利用研究推進グループ
  • 未踏研究領域開拓グループ(プロジェクト研究チーム)

主要メンバー

部門長

櫻井 吉晴

櫻井 吉晴

副部門長

宇留賀 朋哉

宇留賀 朋哉

副部門長

木村 滋

木村 滋

利用研究促進部門ホームページ