Japanese | English

情報処理推進室の概要

 

 情報処理推進室は、放射光実験にかかわる機器制御・データ収集システムの研究・開発や、情報・計算機科学手法をもちいた実験データ処理の研究を行っています。具体的には、実験データ収集ソフトウェア、機器制御フレームワーク、データ所外配送システム、実験ステーション用ユーザー認証システムなどの開発と運用に携わっています。
 また、ビームラインユーザーが様々な登録や申請に用いるウェブサイト(User Informationサイト)の整備も行っています。
 SPring-8サイトでの実験申請、実験データ取得から大学・研究所への所外配送までのデータフローを整備することにより放射光を利用した成果創出に貢献します。

情報処理推進室には、以下のグループから構成されています。

 ・情報処理推進グループ

主要メンバー

室長

佐治 超爾

佐治 超爾