ビームライン技術推進室

Japanese | English

ビームライン技術推進室

ビームライン技術推進室の概要

 

 SPring-8の光源加速器で生成された高品質な(明るく,指向性の高い)光を,利用者の用途に合うように加工して,安全に提供するシステムをビームラインと呼びます.

 

 ビームラインは次のような特徴的な装置群から構成されます.

 最上流部はフロントエンドと呼ばれ,超高真空の光源加速器と接続され,キロワットに及ぶハイパワーの光を自在に受け止めます.中央部には,光のエネルギー(波長),大きさ,偏光などの光の特性を利用に応じて切り出す光学系と,結晶やミラーなどのX線光学素子を適切に冷却しながら,超高真空中で精密に姿勢制御する輸送チャンネルが配置されています.利用者に身近な実験装置や検出器はビームラインの終端部に位置します.

 

 フロントエンド,光学系,輸送系の装置群や,実験装置あるいは検出器の状態を記録しつつ遠隔操作・データ収録できるようにビームライン制御系が張り巡らされています.どんなに強力な光でも安全に利用できることは最も重要です.法令に則り放射線遮蔽ハッチやシャッタなど遮蔽装置群は堅牢に作り込まれ維持管理されています.

 

 ビームライン技術推進室は、数多くのビームライン横断的に,SPring-8の高品質ビームを自在に操るビームライン基幹部の維持管理,運営,高性能化を担っています.加速器部門とともに高輝度放射光の安定供給に責任を持ちながら,将来を見据えたビームライン光学技術の開発にも取り組んでいます.

 

 ビームライン光学技術は,X線光学を基軸に精密工学,真空工学,伝熱工学に加え,材料工学,電気電子・情報工学,物性化学など多岐にわたる科学技術分野の知見を積極的に活用する複合領域です.ビームライン技術推進室では,新しいアイデアに基づく機器の設計・考案に止まらず,ビーム調整や保守性も念頭において,ビームラインを横断的に俯瞰しつつ,先端的なビームライン光学技術の標準化と普及に努めています.

 

 ビームラインは先端的研究装置群ですが,工場のような規模と信頼性,導入・維持コストを考慮した一元的な設計・製作と維持管理が求められる点で,大学などの研究室における実験装置と一線を画します.このため,放射光分野に限らず,また産学官問わず,国内外のさまざまなグループや専門家と強く連携しながら,SPring-8の光が最先端で世界的にも高い競争力を発揮できるように努めています.

 

 ビームライン技術推進室は以下の5チームから構成され,35名の研究・技術スタッフ(兼務を含む)が所属しています.

 光学系チーム

 輸送チャンネルチーム

 放射線遮蔽チーム

 フロントエンドチーム

 ビームライン制御チーム

 

室長 坂田修身

室長代理 大橋治彦

PAGE TOP