加速器部門

Japanese | English

加速器部門

加速器門の概要

 SPring-8には、2つの大型光源加速器があります。光源加速器とは、高品質な(明るく、指向性の高い)光を出す加速器のことで、1つは円形の加速器から光を出し、もう1つは直線形の加速器から光を出します。どちらの光源加速器も80億電子ボルトという高エネルギー電子ビームから光を生成しますが、加速器が円形か直線形かといった違いや、電子から光を生み出すメカニズムの違いにより、2つの大型光源加速器は、それぞれ異なる特性の光を生成し、最先端の学問から産業利用に至る幅広いユーザーにその光を提供しています。

 加速器は、電子ビームがほぼ光の速度で通過していく領域を超高真空に保つための真空機器、電子を所望の向きに曲げたり収束・発散させる磁石群、電子を80億電子ボルトまで加速する高周波システム、電子の状態を正確・精密に観測する各種モニター類、電子から光を生み出す挿入光源と呼ばれる装置群、これらを安定かつ安全に制御する制御システムやインターロックシステムなどから構成されます。また、電子の挙動を数値計算等を活用して解析することも、安全・安定な運転、加速器の性能向上や維持には欠かせません。

 加速器部門は、これら放射光施設の基盤となる加速器システムの維持管理、運営、高性能化を担い、高輝度放射光の安定供給に責任を持ちながら、将来を見据えた光源加速器開発も行なっています。

 加速器部門は以下のグループ、チームから構成されています。

・軌道解析・モニターグループ(軌道解析チーム、モニターチーム)

・加速器機器グループ(真空チーム、磁石チーム、高周波チーム)

・挿入光源グループ

・加速器制御グループ(機器制御チーム、インターロックチーム)

主要メンバー

部門長

渡部 貴宏

渡部 貴弘

PAGE TOP