高圧ガス/申請書類と手続きの方法など

Japanese | English

高圧ガス/申請書類と手続きの方法など

EN

申請書類と手続きの方法(高圧ガス)

申請書類一覧

-Noをクリックするとその書類の手続き方法へリンクします。
ダウンロードのアイコンをクリックするとその書類をダウンロードします。

高圧ガスの持込み手続き

No(様式)/Form 書類名/Document title ダウンロード/Download 記入例 /Sample
5-1-7 高圧ガス容器「臨時」持込み申請書(一般者用)/Application for “temporary” delivery of a high pressure gas container (general personnel) /
(両面印刷/ duplex printing)*Japanese
 
       

 

手続きの方法

-臨時持込み(一般者)

一般者とは、研究目的以外に高圧ガス容器を持込む製造業者、工事業者などとします。

一般者が高圧ガス容器を臨時に持込む場合

(注5)は、「高圧ガス容器(臨時)持込み申請書(一般者用)」に必要事項を記入の上、責任者(注6)経由で安全管理室長に提出してください。

(注5)持込み期間は、原則1週間以内とします。但し、工事・作業の都合により、やむを得ず1週間を超える場合は、事前に安全管理室の了解を得てください。

(注6)責任者とは、財団または専用ビームライン等(理研ビームラインを含む)の職員等であって直接または間接的に高圧ガス容器の持込みを行った者とします。

アセチレンの消費基準あり

 

ページトップに戻る

 

Procedures

Temporary Delivery (General Personnel)

General personnel include manufactures who deliver the high pressure gas containers for the purpose of other than research and construction workers.

When the general personnel deliver high pressure gas containers on a temporary basis(Note 5), enter the “Application for “temporary” delivery of high pressure gas containers (general)” and submit it to the Safety Office Manager via the person in charge(Note 6).

(Note 5) As a general rule, the delivery period is one week or less. Obtain permission from the Safety Office beforehand, if it is unavoidable for the period to e ceed one week due to construction or work.

(Note 6) The person in charge is a staff member of JASRI or the contract beamline (including RIKEN beamline) who brought in the high pressure gas container directly or indirectly.

A standard for acetylene consumption is in place. 

 

 

PAGE TOP