登録施設利用促進機関 公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) 博士研究員 募集要項【公募No18B004】

Japanese | English

登録施設利用促進機関 公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) 博士研究員 募集要項【公募No18B004】

公益財団法人高輝度光科学研究センターでは、博士研究員を以下の要領で募集します。

1. 募集人員

利用研究促進部門 分光解析IIグループ 博士研究員 1名

2. 研究分野と業務内容 

利用研究促進部門では、分光解析Ⅱグループに所属し、文部科学省・元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型・磁石材料拠点>の下、高性能永久磁石の開発に資する放射光解析研究を推進しています。既存の高性能永久磁石の飛躍的改良、および、新磁石材料の実現に必要な解析・評価のうち、SPring-8ではX線磁気円二色性(XMCD)、XMCDによる磁気イメージング、X線光電子分光、さらに、X線回折など、放射光実験の強力な利活用による磁石のナノスケール解析に取り組んでいます。今回は、上記の元素戦略プロジェクト・磁石材料研究に従事して頂く博士研究員を募集します。高性能永久磁石に関する研究、放射光X線利用研究のいずれかの経験を有する方を希望します。

※ 研究業務内容については後述の10.に、応募手続きについては、後述の9.にお問合わせ下さい。

3. 応募資格

工学または理学分野における博士号の学位取得者、または、着任日までに学位取得見込みである方で、放射光応用研究に対して意欲のある方。「学位取得見込み」の場合には、指導教官の所見を求める場合があります。論文作成、および、国際学会における口頭発表を効果的に行うために必要な英語力を有すること。高性能永久磁石に関する研究、放射光X線利用研究のいずれかの経験を有する方を優先します。その他、次の研究関連技術に関する複数を習得している方を希望します:走査型電子顕微鏡、X線回折、中性子回折、磁化測定(VSM, SQUID, PPMS)、試料作成(アーク溶解、RFマグネトロンスパッタリング)、ソフトウェア (Labview, OriginPro)、プログラム言語(C, Python)。

4. 任期 

博士研究員契約は年度更新。最長で平成34年3月31日を限度とします。ただし、予算の状況により博士研究員契約が早期終了の場合もあり得ます。

5. 着任時期 

平成31年1月1日以降、可能な限り早い時期。ただし、予算の状況次第では、採用内定者との協議により1月1日以前とできる場合があります。

6. 待遇

公益財団法人高輝度光科学研究センター規程による。

7. 提出書類

(1) 履歴書(財団指定様式、写真貼付)【履歴書用紙(*) PDFファイルMS Wordファイル
(2) 研究業績概要
(3) 研究計画書(研究計画と今後の抱負など)
(4) 業績リスト(発表論文・学会発表などのリスト)
(5) 代表的な研究論文の別刷(5編以内)
(6) 推薦書1通以上(推薦書は自薦不可 本人開封無効 様式は任意)
※(2)〜(4)、(6) の書類は、全てA4判で作成してください。
※書類のホチキス留めはしないようにお願いいたします。

(*)手書き記入(PDF)または入力(Word)のいずれの形式でも結構です。
履歴書の本人希望欄に、公募No.18B004を記載してください

〔個人情報の取扱について〕
 ご提出いただいた書類は、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。
 なお、応募書類は返却しませんので、ご了承ください。

8. 応募締切

平成30年11月16日(金)必着

9. 応募書類送付先

公益財団法人高輝度光科学研究センター 研究支援部 総務人事課
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
 TEL 0791-58-0951 FAX 0791-58-2794
 e-mail:jinji-saiyo@spring8.or.jp
※封筒の表に「公募No.18B004応募書類在中」と朱書きの上、郵送して下さい。

10. 問合せ先

研究業務内容等については、以下にお問合せ下さい。
 利用研究促進部門 部門長 櫻井 吉晴
 e-mail: sakurai@spring8.or.jp
 TEL:0791-58-2742