テニュアトラック研究員制度

Japanese | English

テニュアトラック研究員制度

 テニュアトラック研究員前期募集は締め切りました。

制度概要

 テニュアトラック研究員制度は、定年制職員への登用を見据えた任期制職員制度です。採用後、SPring-8・SACLAの研究員として、運転・維持管理、高度化・高性能化に関わる研究業務や施設利用者支援業務などを行いながら、自由な発想で主体性を持って、JASRIが実施する放射光科学に関する研究開発業務を行っていただきます。

制度の特徴
 定年制職員への登用を見据えており、より長期的な視点や事業計画の下で研究開発業務に取り組むことができます。
 研究現場にて研究力、コミュニケーション力を学び、将来の放射光施設を担うために必要な資質を身につけていただきます。
 テニュアトラック研究員雇用契約期間中に実施する定年制職員への登用審査を経て、任期(3年)満了後、定年制の研究員へ移行となります。

応募資格
 博士号の学位取得者で財団の事業計画に基づき、主体的に職務を遂行する意欲のある方(着任日までに取得見込みの方も応募可)。

任 期
 テニュアトラック研究員契約は年度更新。採用時期から3年を限度とします。

公募選考
 毎年、年2回程度公募により募集を行い、一次選考(書類審査)、二次選考(面接試験)を実施します。

【スケジュール】
 ※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により日程が変更になる可能性がございます

  前 期 後 期
公募期間 5月~6月頃 9月~10月頃
一次選考(書類) 7月中旬  11月中旬
二次選考(面接)  8月上旬~9月上旬 12月上旬~1月中旬
選考結果通知 9月中旬 1月下旬
着任日 4/1(予算状況及び本人との調整により、3月以前着任も有)

※財団の採用計画、予算等の状況により、募集回数の変更もあり得る。

 

 

 

 

PAGE TOP