公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) ビームライン技術推進室 定年制研究員(技術担当) 募集要項【公募No. 22J003】

Japanese | English

公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) ビームライン技術推進室 定年制研究員(技術担当) 募集要項【公募No. 22J003】

公益財団法人高輝度光科学研究センターでは、定年制研究員(技術担当)を以下の要項で募集します。

1. 募集人員 

  ビームライン技術推進室
  定年制研究員(技術担当)  1名

2. 募集分野と業務内容 

 SPring-8の放射光を施設利用者の用途に合うように加工し提供するビームライン基幹部を
維持管理しつつ高性能化業務を担います。
 本公募では、技術開発に自ら意欲的に取り組み、ビームライン基幹部の課題を理解し、将
来計画に基づくビームライン光学機器の設計・開発と実装に従事する方を募集します。

3. 応募資格   

 ・ 大学院理系分野の修士または博士の学位取得者または着任日までに取得予定者
 ・放射光分野での経験は問いませんが、Pythonなどのプログラミングや有限要素法解析の実務経験があればなお良し。
 広く人材を募集しますので、業務の詳細等は、「15. 問合せ先」に記載された連絡先にお気軽
にお問合せください。リモート会議も可能です。
 (ビームライン技術推進室ホームページ:
  http://www.jasri.jp/organization/organization-research-section/beamline/)

4. 着任時期  

 2023年1月以降、可能な限り早い時期

5. 試用期間

  着任日より6ヶ月

6. 就業場所

  兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
  公益財団法人高輝度光科学研究センター

  なお、上記以外の就業場所において勤務する場合もあります。

7. 待遇 

勤務時間:9:00~17:30(12:00~13:00休憩)
給  与:
 基 本 給:経歴に応じて決定
     【基本給モデル】修士修了 226,100円
             博士終了 257,100円
              ※参考:月額給与のモデル
                ・修士修了後経験5年339,000円*
                ・博士修了後、経験5年の場合:360,000円*
                  *基本給+研究手当+超過勤務手当(20時間実施した場合)

 諸 手 当:超過勤務手当
       研究手当(基本給×4.5%)
       扶養手当
       通勤手当(上限55,000円/月)
       住居手当(上限28,000円/月)
      深夜手当
 期末手当:(基本給+研究手当+扶養手当)×4.45ヶ月(2021年度実績)
 昇  給:年1回(4月)
 休  日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)
 休  暇:年次有給休暇、特別有給休暇(季節休暇、慶弔休暇、その他財団で定める休暇)
 各種保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険が適用

8. 提出書類

〔必須書類(①、②、③、④)〕
      ①  履歴書
   ・財団指定様式(写真貼付)をご使用ください。
   【履歴書用紙 PDFファイル/MS Wordファイル
   ・履歴書左上に「【公募No.22J003】」と記載してください。
   ・希望する担当業務がある場合は、志望動機欄に希望する担当業務(担当チーム)を記載してください。
  ② 業務実績あるいは研究実績
   ・これまでの業務実績あるいは研究実績の概要(A4用紙3枚以内)
  ③ 業務計画
   ・ 着任後の業務計画について(A4用紙2枚以内)
  ④類型該当性の自己申告書
         
〔該当時必須書類(⑤、⑥)〕
  ⑤業績リスト
   ・技術報告書、技術論文、発表論文・学会発表のリストについて公開できる範囲
    (A4用紙枚数制限なし)
  ⑥企業内論文冊子、学会誌、技術系雑誌等への寄稿文、代表的な研究論文の別刷等(5編以内)
   ・公開できる範囲で提出してください。
   ・ 様式は自由です。
〔任意書類(⑦)〕
  ⑦「推薦書」または「応募者についての意見を伺える方の氏名、所属、連絡先」(いずれも複数可)
          1) 「推薦書」について
              ・ 推薦書の様式は自由
              ・  推薦者は、当財団関係者は不可
              ・  推薦書は、自薦不可
          2) 「応募者についての意見を伺える方の氏名、所属、連絡先」について
              ・  意見を伺える方は、当財団関係者は不可
              ・  意見を伺える方の、氏名、所属、連絡先(電話番号及びメールアドレス)をA4用紙に
                   記載の上、お知らせください。

9. 書類提出方法

  (ⅰ)PDFファイル形式でjinji-saiyo@spring8.or.jpへ提出書類_①・②・③・④・⑤・⑥・⑦-2を送付
  (ⅱ)送付にあたっての留意事項
     ・メールの件名は、「【公募No.22J003】応募書類-氏名」としてください。
     ・添付ファイルは、原則、①と②~⑥(⑦-2がある場合は、⑦-2を含む)をまとめたものの2つとし、ファイル名を「①氏名_履歴書」「②~⑥(⑦-2がある場合は、⑦-2を含む)氏名_その他提出書類」としてください。
      なお、ファイルの容量により、②~⑥(⑦-2がある場合は、⑦-2を含む)の提出書類を分けて送付いただく場合は、「②氏名_研究業績概要」「③氏名_研究計画書」のように提出する各ファイル名が分かるように記載してください。
  (ⅲ)「提出書類_⑦-1推薦書」の提出
     ・  推薦者から、直接PDFファイル形式でjinji-saiyo@spring8.or.jpへの提出を依頼してください。
     ・  メールの件名は、「【公募No.22J003】推薦書」としてください。
     ・  推薦書には推薦者の自署を必須とします。

 なお、書類提出方法に関して懸念事項・問題等がある場合は、「15. 問合せ先」の研究支援部総務人事課へ電話またはメールでお問合せください。

10. 個人情報の取扱いについて 

  ご提出いただいた書類は、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は
      正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。
  なお、応募書類は返却致しませんので、予めご了承ください。

11. 「外国為替及び外国貿易法」(外為法)について

  外為法に基づく「みなし輸出」における管理対象の明確化や、職員への機微技術の
  提供に関する事項について改正が行われ、応募の際に「類型該当性の自己申告書」
  の提出が必要となりました。また、採用時には「誓約書」の提出が必要となります。

12. 応募締切     

  10月14日(金) 15時必着 (日本時間)

13. 選考方法・日程(予定) 

 (1)書類選考(10月中旬頃)
  応募締切以降、書類審査を実施し、通過された方にメールで専門面接の日程を連絡します。
 (2)専門面接(10月下旬頃)
  書類審査を通過された方に、専門面接を行います。
  なお、専門面接を通過された方にメールで一般面接の日程を連絡します。
   ·専門面接は、40分でプレゼンテーション及び質疑応答それぞれ20分です。
   ·テーマは、以下の2項目です。
    ①業務/研究実績
     自身がこれまでに行ってきた技術開発や技術研究等の内容・業績について
    ②業務計画
     今回の募集分野と業務内容に関連した、今後の業務の展開やアプローチ方法、課題に対する研究開発計画等について
 (3)一般面接(11月上旬頃)
   役員による面接です。

 ※コロナウイルス感染症の拡大状況により日程が変更となる場合があります。

14. 応募書類送付先

  研究支援部 総務人事課
  e-mail : jinji-saiyo@spring8.or.jp

15. 問合せ先

 ・募集分野及び業務内容、並びに応募資格については、以下にお問合せください。
   ビームライン技術推進室 室長 坂田 修身
     e-mail:sakata.osami@spring8.or.jp
     TEL:0791-58-2742
     http://www.jasri.jp/organization/organization-research-section/beamline/

  ・上記以外については、以下にお問合せください。
       研究支援部 総務人事課:坂本/福井
                 e-mail:jinji-saiyo@spring8.or.jp
                  TEL 0791-58-0951   
                  〒679-5198  兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1

PAGE TOP